●書籍出版年順に紹介しています

ゲシュタルト療法―その理論と実際
フレデリック・S. パールズ、日高 正宏、倉戸 由紀子、井上 文彦他
ナカニシヤ出版
価格: 2,625円
アマゾンで詳細を見る・購入する

ゲシュタルト療法を学びたい人のためには必見の本です。理論と自体的なアプローチが紹介されている。著者パールズの三部作のひとつです。

ジェームス・オールダム、トニー・キー
イゴール・ヤーロ・スタラック
社会産業教育研究所
購入はこちらから

あなたの人生も物語になる―ゲシュタルト療法における魅せられること
アーヴィング・ポルスター著/深沢道子、西本知子訳
日本評論社
価格: 2,625円
アマゾンで詳細を見る・購入する

ゲシュタルト・カウンセリング
ペトリューシカ・クラークソン著/日保田裕子訳
川島書房
価格: 2,500円
アマゾンで詳細を見る・購入する

産業カウンセラーの方なら名前を聞いたことがあるゲシュタルト・セラピストです。カウンセリング的な優しいアプローチには定評があります。

エンプティチェア・テクニック入門―空椅子の技法
百武 正嗣 (著)
川島書店
価格: 1,785円
アマゾンで詳細を見る・購入する

ゲシュタルト療法の代表的なアプローチであるエンプティチェア技法を紹介しています。具体的に方法と理論的な解説がありゲシュタルト療法の入門書です。

ライオンのひなたぼっこ
百武正嗣
ビーイングマナ出版
価格: 3,800円
(百武のワークショップ参加者のみ購入可能)

実際のワークショップの三日間の記録が記載されています。初めてゲシュタルト療法に参加した人がどのような気づきの体験をするのかが紹介されています。

ゲシュタルト・セラピーの手引き
サージ ジンジャー (著), Serge Ginger (原著), 柴田 和雄 (翻訳), 佐々木 雄二
新宿書房
価格: 2,625円
アマゾンで詳細を見る・購入する

日本にも来日したことのある著者です。フランスでゲシュタルト療法を広めた先覚者の一人です。著者の理論も取り入れてあります。

依存からの脱出―欲求を形にするゲシュタルトワーク
原田成志著
つげ書房新社
価格: 1,575円
アマゾンで詳細を見る・購入する

自分でできる夢分析

江夏 亮 (著)
PHP研究所
価格: 1,470円
アマゾンで詳細を見る・購入する

ハイヤーセルフからのメッセージ。

ゲシュタルト療法バーベイティム
F.S. パールズ (著), Frederick S. Perls (原著), 倉戸 ヨシヤ (翻訳)
ナカニシヤ出版
価格: 4,830円
アマゾンで詳細を見る・購入する

パールズの実際にワークショップの場面が記載されています。参加者との臨場感あふれるやりとりをとおしてゲシュタルト療法を理解できます。

記憶のゴミ箱―パールズによるパールズのゲシュタルトセラピー
フレデリック・S. パールズ (著), Frederick S. Perls (原著), 原田 成志 (翻訳)
新曜社
価格: 3,780円
アマゾンで詳細を見る・購入する

パールズの三部作の最後に訳された本です。パールズが自分自身をとられえ破天荒な自伝的記録であり彼の生き様が伝わってきます。

気づきのセラピー―はじめてのゲシュタルト療法
百武 正嗣 (著)
春秋社
価格: 1,785円
アマゾンで詳細を見る・購入する

エッセイ風にまとめられたゲシュタルト療法の紹介書です。ワークの場面の記録と理論にとどまらず著者の人生観に基づいた視点が述べられています。

~ゲシュタルト療法~気づきのエクササイズ
GAFnet(ゲシュタルト アート フォーカシングネット)著
GAFnet
価格: 800円

鹿児島で活動しているGAFnetのメンバー8名が協同でまとめたエクササイズ
集。研修やワークショップなど、さまざまなシーンに役立ててください。

家族連鎖のセラピー: ゲシュタルト療法の視点から
百武 正嗣 (著)
春秋社
価格: 1,785円
アマゾンで詳細を見る・購入する

「今-ここ」の自分に気づくことで心身を統合するゲシュタルト療法の視点から、世代間に伝達される<愛情のもつれ>(=家族連鎖)を解きほぐす技法について、わかりやすく解説。(帯文)

ロールレタリング: 手紙を書く心理療法の理論と実践
岡本 茂樹 (著)
金子書房
価格: 3,045円
アマゾンで詳細を見る・購入する

手紙を書く心理療法「ロールレタリング」を、臨床事例を通じて理論と面接技法を体系的にまとめた実践入門書。

篤志面接委員として更生教育に関わる著者と無期懲役囚のロールレタリングと往復書簡。克明な記録を通じて更生とは何か、また更生教育のみならず心理支援に必要な視点とは何かを問いかける。

ストレス科学の最前線の知見から、ストレスへの心理的支援、コーピングの実践を実証的に概説。ゲシュタルト療法の立場からも記述されています。

本書は、初めてゲシュタルト療法を受ける方からゲシュタルト療法を提供する方までを対象に書かれています。最近の欧米での理論が実践にどのように活かされているかがわかりやすく解説されている実践書といえます。

コメントは受け付けていません。