日本ゲシュタルト療法学会 第7回学術大会

日本ゲシュタルト療法学会ではこれまで、夏の学術大会と冬のワークショップ大会の年2回の大会を開催してまいりましたが、第8回大会は、新しい試みとして、実験的に学術大会とワークショップ大会を統合し、年1度の大会開催とすることになりました。

第8回大会

(学術大会&ワークショップ大会)

テーマ:
「出会いから生まれるもの~ゲシュタルト療法と交流分析~」
日程:
2017年7月15日(土)~17日(月)
会場:
江戸川大学(千葉県流山市)
大会長:
室城 隆之(江戸川大学社会学部人間心理学科、NPO法人ゲシュタルトネットワークジャパン)

大会プログラム

7月15日(土) 第一日

9: 00

(E棟入口)

受付

10: 00

(映像ホール)

開会式

10: 15

(映像ホール)

大会長 講演 室城 隆之

(江戸川大学社会学部人間心理学科)

「私とTA(交流分析)、そしてゲシュタルト療法」

室城隆之

11: 00

(映像ホール)

基調講演 ヴァン・ジョインズ  (通訳 丸山智恵子)

MR.Vann

(国際交流分析協会教授会員、米国ノースカロライナ州チャペルヒル サウスイースト研究所(集団、家族療法)所長)

「ゲシュタルト療法と交流分析の出会い:

新たな統合を創り出すためにお互いが提供し合えるもの」

Summary of the Keynote

Both Gestalt Therapy and Transactional Analysis are part of the reality therapy movement that focuses on the here and now. They were developed by Fritz Perls and Eric Berne respectively in reaction to traditional Freudian Psychoanalysis which Perls saw and too cerebral and Berne saw as expressed in too opaque language. Perls developed a powerful set of experiential too for clients to experience what is going on rather than just talk about it and Berne developed a very clear and useable conceptual framework for clients to understand their experience. Together they make a beautiful marriage that brings together the best of both worlds. We will look at the unique contributions of each approach and how each can enhance the other to create a greater whole.

基調講演の要旨

ゲシュタルト療法と交流分析は共に、「今、ここ」に焦点を当てた現実療法の動向の一部です。それらはそれぞれ、フリッツ・パールズとエリック・バーンによって、伝統的なフロイト派の精神分析に対する反動として発展しました。パールズは伝統的なフロイト派の精神分析を知的すぎると感じましたし、バーンはそれをあまりに分かりにくい用語で表されていると感じたのでした。パールズは、クライエントが経験したことについて語るよりもむしろ今起きていることを体験するための強力な手法を発展させましたし、バーンはクライエントが自分の経験を理解するための非常に明確で有用な概念的枠組みを発展させました。そして、両者が一緒に美しい結婚をしたことで、両方の世界で最も良いものをお互いにもたらしました。我々はそれぞれのアプローチのユニークな貢献や、それぞれがどのようにしてより大きな全体を創り出すためにお互いを強化し合うことができるかを見るでしょう。

12: 30

(未定)

昼食・休憩

~ ランチョンセミナー ~ 食事をしながら気軽にご参加いただけます。 1) TA(交流分析)ミニ講座、 2) ゲシュタルト療法ミニ講座

14: 00

(映像ホール)

ヴァン・ジョインズ「再決断療法」ワークショップ

(通訳 丸山智恵子)

19: 00

終了

▲ページトップへ戻る

7月16日(日) 第二日

9: 00

(E棟入口)

受付

9: 30

(未定)

研究発表( 1 )

11: 30

昼食・休憩

11: 45

(映像ホール)

JAGT総会 (JAGT会員は昼食ご持参のうえ、ご出席ください)

12:30

(映像ホール)

JAGT会員と理事会の茶話会

(自由参加です。この機会にご意見、ご要望、ご質問等をお聞かせください。)

13: 15

終了

13: 30

(未定)

研究発表( 2 )

15: 30

(映像ホール)

シンポジウム

「ゲシュタルト療法とTA(交流分析) ~違いから生まれる可能性」

* シンポジストは決まり次第発表します。

17: 45

終了

18: 00

(L棟食堂)

懇親会

20: 00

懇親会終了

7月17日(月) 第三日

9: 00

(E棟入口)

受付開始

9: 30

(当日発表)

大会ワークショップ1. * 内容は下段参照

12: 00

(未定)

昼食・休憩

~ランチョンセミナー~ 「論文の書き方」

食事をしながら気軽にご参加いただけます。

* 詳細は決まり次第発表します。

13: 30

(当日発表)

大会ワークショップ2. * 内容は下段参照

16: 00

終了

16: 15

(映像ホール)

閉会式

17: 00

大会終了

▲ページトップへ戻る

大会ワークショップ1(9:30~12:00)
※会場は当日受付周辺に掲示します
区分 ワークショップ 定員 参加
条件
1

人生脚本:「わたし」と「からだ」の物語

担当 : 渋谷 祥代

12名

なし

2

プレイバックシアターとゲシュタルト

担当 : 白坂 和美

なし

なし

3

実験:○○になる

担当 : 倉木 成伊知

なし

なし

4

いのちの声を聴く

担当 : 梅田 福一郎

12名

なし

5

心とからだの深呼吸

担当 : 三井 洋子

なし

学会員のみ

6

皆吉 美和子

10名

なし

7

フォーカシング指向ゲシュタルト療法を体験しよう

担当 : 有村 凛

なし

なし

8

FieldをFeelど!?

担当 : 芦原 義浩

15名

なし

9

TA・ゲシュタルト(再決断療法)ワークショップ

担当 : 室城 隆之

15名

なし

▲7月17日(月)第三日へ戻る

大会ワークショップ2(13:30~16:00)
※会場は当日受付周辺に掲示します
区分 ワークショップ 定員 参加
条件
1

理論と体験 ~気づき・関わり・プロセス~

担当 : 河村 葉子

未定

なし

2

絵を描いて自分に出会うワークショップ

担当 : 渡辺 トヨ子

15名

学会員のみ

3

スーパービジョン

担当 : 江夏 亮

12名

なし

4

ゲシュタルト療法の理論と実践

担当 : 守谷 京子

12名

なし

5

「ライブ・スーパービジョン&セラピー」~ファシリテーターの課題を見出し、その場でワークする~

担当 : 岡田 法悦

なし

なし

6

家族システムと身体

担当 : 百武 正嗣

なし

なし

7

ゲシュタルトにTAを活用するワークショップ

担当 : 藤原 勝

なし

なし

8

TA脚本の書き換えにGestalt療法を

担当 : 平松 みどり

なし

なし

9

重い精神病理を抱えるクライエントと関わるために知っておきたいこと

担当 : 中尾 文彦

12名

学会員のみ

第三日の大会ワークショップはすべて参加申込みが必要です。

参加申込みは、会場にて7月16日(日)13:30までにしてください。定員のあるワークショップの申込みが定員を超えた場合は抽選し、同日15:00頃までに結果を発表します。

定員に満たない場合は二次募集となります。定員のないワークショップも申込みが必要ですので、必ずお申込み下さい。

【参加申込み・抽選手順】

初日より受付周辺に「大会ワークショップ参加申し込み用紙」を設置します。

参加したいワークショップに氏名(フルネーム)を記入してください。

申込み締切:7月16日(日)13:30

定員のあるワークショップに定員以上の申込みがあった場合は、大会事務局で抽選します。 抽選結果は、当選者氏名に〇で表示し、同じ場所に掲示します。各自でご確認ください。

抽選結果発表:7月16日(日)15:00頃

残念ながら抽選にもれた方(氏名に〇のない方)は、空きのあるワークショップの参加申込み用紙に氏名(フルネーム)を記入してからご参加ください。

抽選結果発表後は、定員のあるワークショップは定員を超えての申込みはできません。抽選後は定員まで先着順とさせていただきます 。

▲7月17日(月)第三日へ戻る

▲ページトップへ戻る

参加申込み要領

1. 参加形態 ※ 学術大会部門のみの参加が可能です。

  1. 総合コース 3日間
  2. 学術コース 7/15午前中のみと7/16(全日)
  3. 学術コース及び初日ワークショップ参加(7/15、 7/16 2日間)

※学術大会参加で、1日のみ参加の場合も上記 B. C. いずれかの参加形態でお申込みいただき、該当の参加費を申し受けます。

2. 昼食について

大学の近隣にはコンビニ・レストラン等がありません。各自あらかじめご用意いただくか、駅周辺まで出ていただく(徒歩約20分)ことになります。ご希望者には弁当(1,080円)の手配をいたしますので、参加申込み時に併せてご希望日を明記のうえお申込み下さい。弁当種類はお選びいただけません。事前注文のみとなります。あらかじめご了承のうえお申込み下さい。

弁当内容はこちら

3. 参加申込み方法

申込み受付開始:3月1日 9:00より

参加申込みフォームまたは電話にて下記内容をお申込みのうえ、該当の参加費をお振込みください。参加費の振込みをもって参加確定とさせていただきます。懇親会、弁当を申し込まれる方は合算してお振込みください。学生・院生の方は、申込み時に申告していただき、当日学生証をご提示ください。尚、参加費入金の確認連絡は原則として行いません。確認の必要な方は、振込みを済まされた後に別途下記の大会事務局までメール連絡をお願いします。また、領収書はお手元の振込み記録で代えさせていただきます。領収書の必要な方は別途お申し出ください。

※ 電話申込みの際にお伝え頂くこと

  • JAGT会員の方: ➀会員番号 ➁氏名 ➂参加形態 ➃懇親会の出欠 ➄昼食弁当申込みの有無(申込む方はすべての希望日)
  • 一般の方: ➀氏名 ➁住所 ➂電話番号 ➃E-mailアドレス ➄参加形態 ➅懇親会の出欠 ➆昼食弁当申込の有無(申込む方はすべての希望日)
【連絡先】

第8回大会事務局

E-mail: jagt.8thtaikai(アットマーク)gmail.com

 ※ (アットマーク)を半角@にかえてお送りください。

電話: 045-752-1759 (JAGT事務局)

4. 参加費

★事前登録 (5月末日までの申込み、参加費振込みを事前登録とします)
参加区分 内 容 会員 会員
学生・院生
非会員
(一般)
非会員
学生・院生
A 総合コース
(3日間)
20,000円 15,000円 30,000円 25,000円
B 学術コース
(1日半)
7/15基調講演&7/16全日
4,000円 2,000円 5,000円 3,000円
C 学術コース
及び
7/15PM招聘講師ワークショップ
15,000円 10,000円 25,000円 20,000円
☆6月以降申込み~当日参加
参加区分 内 容 会員 会員
学生・院生
非会員
(一般)
非会員
学生・院生
A 総合コース
(3日間)
25,000円 20,000円 35,000円 30,000円
B 学術コース
(1日半)
7/15基調講演&7/16全日
5,000円 3,000円 6,000円 4,000円
C 学術コース
及び
7/15PM招聘講師ワークショップ
20,000円 15,000円 30,000円 25,000円
懇親会参加費及び昼食弁当代金
7/16懇親会

(一律) 5,000円

各日昼食弁当

(一律) 1,080円

5. <振込先> 第8回大会専用口座

三菱東京UFJ銀行 横浜支店 普通預金 4090535

口座名義 カワムラヨウコ

6. ≪キャンセルについて≫

参加申込み後のキャンセルについては次のように対応します。

  • 参加費:開催初日の前日より参加費の100%を申し受けます。
  • 懇親会費:開催初日の3日前より懇親会費の100%を申し受けます。
  • 弁当代金:開催初日の前日17:00以降より代金の100%を申し受けます。
  • 上記以外は振込手数料を差し引いた金額を返金しますが、大会終了後になる場合があります。

▲ページトップへ戻る

会場周辺及び交通案内

  • 次の経路及び周辺地図をご参照下さい。
  • 当日は「流山おおたかの森」駅より開始時間に合わせてスクールバスを運行予定です。
  • 大学近隣には宿泊施設がないため、柏駅及びつくばエクスプレス発着駅近隣のホテル予約をお勧めします。 

会場交通案内

◎ 江戸川大学周辺地図

江戸川大学周辺地図リンクボタン

江戸川大学ホームページの交通アクセスページはこちら

http: //www.edogawa-u.ac.jp/koutuu/

▲ページトップへ戻る