HOME > 本学会の案内 > 活動報告

活動報告

活動報告

学会設立までの活動

全国各地でそれぞれ活動しているゲシュタルト療法のファシリテーターたちの「自己研鑽の場が欲しい,ゲシュタルトの輪を広めたい」等のつぶやきから有志が集い始めました。

学会設立までの前身活動

No開催日時会  場概     要
第1回
全国ファシリテーター集会
2003年(平成15年)
7月12日~13日
NPO法人ゲシュタルトネットワークジャパン
(東京・三田)
①参集者がお互いのワーク方法を紹介するなど情報交換を実施した。
②リーディング氏(米国)によるワークショップを実施した。
第2回
全国ファシリテーター集会
2004年(平成16年)
7月31日~8月1日
阿部メディカルクリニック
(東京・北千住)
今後の活動の主管組織として「日本ゲシュタルト療法連絡会議」を立ち上げた。
第3回
全国ファシリテーター集会
2005年(平成17年)
8月6日~7日
国立オリンピック記念青少年総合センター
(東京・代々木)
ファシリテーター研鑽の場の他に、ゲシュタルトワークを重ね、学んでいる人にも門戸を開くこととした。
第4回
全国ファシリテーター集会
2006年(平成18年)
7月8日~9日
新宿文化センター
(東京・新宿)
①8日の「国際サイコセラピー会議イン・ジャパン」において、ゲシュタルト療法分科会を主管した。

②9日はファシリテーター集会としてサージ・ジンジャー氏(仏)と日本人ファシリテーターによるワークショップを開催した。
第5回
全国ファシリテーター集会
2007年(平成19年)
7月7日~8日
国立オリンピック記念青少年総合センター
(東京・代々木)
ワークショップ形式で開催した。(参加者:11団体27名)
第6回
全国ファシリテーター集会イン屋久島
2008年(平成20年)
7月19日~21日
屋久島
(鹿児島県熊毛郡)
鹿児島グループが主体となり、ビクトリア女史(米)を招聘し、初めて分科会方式でワークショップを実施した。
(参加者:80名)
第7回
全国ゲシュタルト大会
2009年(平成21年)
7月18日~20日
新宿文化センター(東京・新宿)①学会設立の気運が高まり、第7回「全国ファシリテーター集会」をその準備会にしようとまとまり、主催団体名を「日本ゲシュタルト療法学会準備委員会」とし、「全国ゲシュタルト大会」と名称も変更した。

特別講演Ⅰ
「ゲシュタルト療法の基本的概念と現代欧米の実情」
講演者:ゴードン・ウィラーPh,D
(エサレン研究所CEO)
特別講演Ⅱ
「(グロリアと三人のセラピスト)とパールズ」~パールズから学ぶこと,してはいけないこと~
講演者:アンセル・ウォルトEd.D.
(ケント州立大学名誉教授)
(参加者:140名)
日本ゲシュタルト療法学会発起人集会2010年(平成22年)
1月23日~24日
東京新宿文化センター2日間にわたり学会発足について検討・協議し、

1月24日「日本ゲシュタルト療法学会」(Japanese Association of Gestalt Therapy)が設立された。

 

JAGT Japanese Association of Gestalt Therapyのあゆみ

年度活動名等実施月日実施場所概要
2010
平22
第1回大会7月17日~19日横浜市開港記念会館
(神奈川・横浜)
*パネルディスカッション
「ゲシュタルト・セラピーとは何か。ゲシュタルト・セラピストとは何をする人か」

パネリスト:
招聘講師3名,岡田法悦(副理事長)
*招聘講師

・アンセル・ウォルトEd.D,
・ゴードン・ウィーラーPh.D
・シンシア・レイノルズPh.D
 
*研究発表 8本
*ワークショップ
招聘ファシリテーター
・池見 陽氏(フォーカシング)
・倉成 央氏(再決断療法)
総会の開催7月17日 
2011
平23
第8回全国ファシリテーター集会1月22日~23日新宿文化センター
(東京・新宿)
 
学会誌「ゲシュタルト療法研究」創刊号発行7月 1日  
第2回
ワークショップ大会
7月15日~18日酔仙島「ここから」
(広島・福山市)
2011年度から大会を『学術大会』と『ワークショップ大会』に分けて開催。
*招聘講師
・アンセル・ウォルトPh.D
・ゴードン・ウィーラーPh.D
・モーガン・グッドランダーMD
第2回学術大会
テーマ:「ゲシュタルト療法のこれまでの軌跡とこれからの発展に向けて」大会長:岡本茂樹
(立命館大学)
10月22日~23日エルおおさか
(大阪府立労働センター)
*基調講演:
「ゲシュタルト療法における現象学―理論と体験―」講演者:シルビア・F・クロッカー Ph.D
*研究発表 5本
総会の開催10月22日 
第9回全国ファシリテーター集会 1月21日~22日21日MELONDIA
(東京・あざみ野)22日
新宿文化センター
 
2012
平24
第3回学術大会
大会長:岡本茂樹

テーマ:『多様な現場で活用されるゲシュタルト療法の役割』
大会長:岡本茂樹
(立命館大学)
 7月14日~15日国立オリンピック記念青少年総合センター
(東京・代々木)
*基調講演
「家族連鎖の基本的な理論とアプローチ」講演者:百武 正嗣(日本ゲシュタルト療法学会理事長)
*シンポジウム「多様な現場で活用されるゲシュタルト療法の役割」シンポジスト
・岡田 法悦(産業領域)
・江夏 亮 (臨床領域)
・定行 俊彰(教育領域)
・岡本 茂樹(司法領域)*研究発表 5本
2012年度総会7月14日 
第10回全国ファシリテーター集会7月16日 
第11回全国ファシリテーター集会1月12日新宿文化センター
(東京・新宿)
 
第3回ワークショップ大会
テーマ:夢~さまざまなアプローチ~
大会長:守谷京子
(パーソナルグロース研究所)
1月13日~14日国立オリンピック記念青少年総合センター
(東京・代々木)
*招聘講師
・ビクトリア・ストーリーMS
・ジャニス・R・ジェラルドPh.D
*夢をテーマに、学会スーパーバイザー6人が各々のスタイルで、公開ワークを実施し、教材としての活用に資して録画し、教材DVDとして学会で販売。
2013
平25
第4回学術大会
テーマ:『ゲシュタルト療法の基礎と多様性,それらを繋ぐ創造性』
大会長:江夏 亮
(カリフォルニア臨床心理大学院)
7月13日~14日・  かながわ県民センター

・  かながわ労働プラザ

*基調講演
「ゲシュタルト療法の基礎と多様性,それらを繋ぐ創造性」
講演者:江夏 亮 (大会長)
*研究発表 4本
*シンポジウム「ゲシュタルト療法の基礎と多様性、それらを繋ぐ創造性」シンポジスト(全員学会員)
・岡田法悦
・田中幸治
・守谷京子
・定行俊彰
2013年度総会7月13日  
第12回全国ファシリテーター集会7月15日かながわ労働プラザ 
第13回全国ファシリテーター集会
9月28日~29日
福岡県民会館 
第14 回全国ファシリテーター集会
1月11日~12日
霧島温泉ソサエティ
(鹿児島県)
 
第4回ワークショップ大会
テーマ:『からだ(Body)~からだの声に耳を澄ます~』
大会長:有村 凛
(ゲシュタルト アート フォーカシングネット)
 招聘講師:
・ロナルド・A・アレクサンダーPh.D(ソマティック)
・池見 陽Ph.D(フォーカシング)
2014
平26
第15回全国ファシリテーター集会4月26日~27日品川区総合区民会館きゅりあん 
第5回学術大会
(JAGT設立5周年記念)
テーマ:『境界と絆』
大会長:岡田法悦
(ゲシュタルト・インステチュート)
7月19日~20日コープイン京都
(京都府)
*基調講演
「健康な境界と絆 対話と場の理論を踏まえて」
講演者:マルコム・パーレットDr
*理論と実践
「関係対話アプローチ」と「場の理論」への理解を深める講師:マルコム・パーレットDr*シンポジウムⅠ
「罪を犯した人の立ち直りとゲシュタルトセラピー」シンポジスト
・村木一郎(警察)
・室城隆之(家裁調査官)
・井澤敦子(矯正施設)
*シンポジウムⅡ
「JAGTの将来~社会とゲシュタルト療法の絆」シンポジスト(全員学会員)
・百武正嗣
・守谷京子
・藤原 勝
・定行俊彰
・福本早穂
・上條晴夫
・丸山孝子
・岡田法悦*研究発表 9本
2014年度総会  
第16回全国ファシリテーター集会7月21日  
第17回全国ファシリテーター集会
8月16日
~17日
大阪羽衣青少年センター 
海外研修9月7日~14日エサレン研究所
(米国カリフォルニア州)
学会設立5周年を記念して、ゲシュタルト療法の聖地と言われているエサレン研究所でのワークショップツアーを計画し、30名が参加した。
2015
平27
第5回ワークショップ大会
(JGT設立5周年記念)
テーマ:次世代につなげる
大会長:百武正嗣
(ゲシュタルト ネットワーク ジャパン)
1月10日~12日蓬平温泉・和泉屋
(新潟県長岡市)
招聘講師:
・ゴードン・ウィラーPh.D
・アンセル・ウォルトEd.D
・モーガン・グッドランダーMA
・国永史子
・川浦佐知子
・玉井英明
第18回全国ファシリテーター集会
5月30日~31日
品川区民総合区民会館きゅりあん 
第6回学術大会
テーマ:『関係的視点とゲシュタルト療法の広がり」
大会長:檀野竹美
(ゲシュタルト・アソシエイツ・ジャパン)
7月18日~19日国立オリンピック記念青少年総合センター
(東京・代々木)
*基調講演
「関係的視点とゲシュタルト療法」
講演者:リン・ジェイコブスPh,D
*シンポジウム
「心理療法のあゆみと現在~各療法の独自性と共通性~」
シンポジスト
・熊野宏昭氏(認知行動療法)
・妙木浩之氏(精神分析)
・岩田真理氏(森田療法)
・江夏 亮氏(ゲシュタルト)
*研究発表 7本
2015年度総会7月18日 
第19回全国ファシリテーター集会7月20日 
第20回全国ファシリテーター集会
9月22日~23日
新長田勤労市民センター
(兵庫県神戸市)
 
第6回ワークショップ大会
テーマ:『こころと身体の統合~気づきと体験~』
大会長:平松みどり
2016(平27)
1月9日~10日
大阪府立国際会議場「グランキューブ大阪」*基調講演
「センサリーアウェアネス:ゲシュタルト療法におけるその重要性」
講演者:ジュディス・O・ウィーバーPh.D
*招聘講師
・バジル・クリッツァー(アレクサンダーテクニック)
・山口一郎氏(現象学)
第21回全国ファシリテーター集会1月11日大阪府立国際会議場「グランキューブ大阪」 
2016
平28
第7回学術大会
テーマ:『ゲシュタルトのグループ・組織へのアプローチ』
大会長:藤原 勝
(ゲシュタルト療法・東京)
7月16日~17日国立オリンピック記念青少年総合センター
(東京・代々木)
*基調講演Ⅰ
「ゲシュタルトと組織開発」
講演者:中村和彦 氏(南山大学教授)
*基調講演Ⅱ
「家族療法とシステムズアプローチ」
講演者:東 豊 氏(龍谷大学教授 医学博士)
*基調講演Ⅲ
「ゲシュタルトはストレス組織を減らす」
講演者:藤原 勝 氏(大会長)*研究発表 13本
2016年度総会7月16日 
第1回トレーナー審査会7月18日国立オリンピック記念青少年総合センター
(東京・代々木)
 
第2回トレーナー審査会11月23日エルおおさか(大阪府立労働センター) 
2017 平29第3回トレーナー審査会
1月7日
国立オリンピック記念青少年総合センター
(東京・代々木)
第8回大会
(学術大会&ワークショップ大会)
テーマ:「出会いから生まれるもの~ゲシュタルト療法と交流分析~」
大会長:室城隆之
(江戸川大学社会学部人間心理学科、NPO法人ゲシュタルトネットワークジャパン)
7月15日~17日
江戸川大学
(千葉県流山市)
*基調講演
「ゲシュタルト療法と交流分析の出会い:新たな統合を創り出すためにお互いが提供し合えるもの」
講演者:ヴァン・ジョインズ氏
(国際交流分析協会教授会員、米国ノースカロライナ州チャペルヒル サウスイースト研究所(集団、家族療法)所長)
*シンポジウム
「ゲシュタルト療法とTA(交流分析) ~違いから生まれる可能性」
シンポジスト
・繁田 千恵氏(再決断療法)
・門本 泉氏(交流分析)
・百武 正嗣氏(ゲシュタルト療法)
参加;162名(会員118、一般44)
2017年度総会7月16日
第4回トレーナー審査会8月11日エルおおさか(大阪府)審査希望;3名、一般参加16名
第5回トレーナー審査会2018年1月8日国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都)審査希望;6名、一般参加21名
第1回レベルアップ研修
「論文の書き方」講師:江口千代(広島国際大学准教授)
「臨床の知識」 講師:矢野裕一(フリースペースゆう代表)
9月16日NTULUCK茅場町新館(東京都)参加;16名
第2回レベルアップ研修
「論文の書き方」講師:江口千代(広島国際大学准教授)
「臨床の知識」 講師:矢野裕一(フリースペースゆう代表)
2018年2月3日南船場会館(大阪府)参加;12名
学会誌
「ゲシュタルト療法研究」第7号発行
8月1日会員頒布;500部
広報
ニュースレター№13(2017年8月発行)
ニュースレター№14(2018年2月発行)
学会ホームページリニューアル(2017年9月)
学会パンフレット作成
№13会員頒布;460部
№14会員頒布;500部
学会パンフレット2,000部作成し、各登録団体へ50部頒布
残りは事務局保管し、学会広報のために配付資料に資する
2018
平30
 第9回<学術&ワークショップ>大会
大会テーマ「ゲシュタルト的仏教体験」
大会長:中西徹(ゲシュタルトネットワーク福岡)
大会事務局:徳田篤志(ゲシュタルトネットワーク福岡)
7月14日~16日 篠栗町総合センター「クリエイト篠栗」(福岡県) 招聘講師:桐生俊雅(二ノ滝寺(にのたきじ)住職)
第6回トレーナー審査会8月11日エル・おおさか(大阪府)
第7回トレーナー審査会2019年3月3日国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都)
グループファシリテーション講座
「信頼されるファシリテーターになるために」
8月12日エル・おおさか(大阪府)
学会誌
「ゲシュタルト療法研究」第8号発行
8月会員頒布;500部
広報
ニュースレター№15(2018年8月発行)
ニュースレター№16(2019年2月発行)
№13会員頒布;500部
№14会員頒布;500部

 

2019年度日本ゲシュタルト療法学会事業計画(案)

2019年4年 〜 2020年3月

事業事業内容備考
大会第10周年記念大会 学術大会&ワークショップ大会

大会テーマ「トラウマケアに果たすゲシュタルト療法の役割」

大会長:定行俊彰(ゲシュタルトネットワーク仙台)

大会事務局長:田沢由香里(ゲシュタルトネットワーク仙台)

日程:2019年7月13日(土)〜15日(月)

会場:東北福祉大学 仙台東口キャンパス

基調講演:「ゲシュタルト療法におけるトラウマの実践と留意点」

〜 タリア・バーヨセフ・レヴィン 〜

 

参加者

会員120名

一般 30名

トレーナー

審査会

第8回JAGT認定トレーナー審査会

日程:2020年2月29日(土)、3月1日(日)

会場:大阪府(エル・おおさか)

審査枠

12名

一般参加枠

30名

研修第1回 日本ゲシュタルト療法研究会研修

「エンプティチェア再発見・再構築」

講師:岡田法悦・江夏亮

日程:2019年4月7日(日)

会場:東京都中央区銀座

定員30名

参加費

\3,000

第2回 JAGTグループファシリテーション講座

内容:「ワークショップをファシリテートする方法とコツを

講義と実習で学ぶ」

講師:岡田法悦

日程:2019年9月7日(土)

会場:東京都中央区八重洲

定員30名

参加費

\5,000

第2回 日本ゲシュタルト療法研究会研修

内容:「エンプティチェアを導入する場合の効果的なケースと

非効果的なケースの研究」

講師:岡田法悦・江夏亮

日程:2020年2月1日(土)

会場:東京近郊

定員30名

参加費

\3,000

学会誌「ゲシュタルト療法研究」第9号  2019年8月発行会員頒布

500部

広報ニューズレター NO.17   2019年9月発行

ニューズレター NO.18   2020年2月発行

会員頒布

500部