ゲシュタルト療法の哲学的背景
ゲシュタルト療法は、人が「自分らしく生きる」こと、自分にとって最良の「選択」が「自由」にできる自分自身でいること、そして、自分の周囲の人々や環境と好ましい「関わり」を持つ自分自身になることを目指す心理療法である。その哲学的背景を現象学、実存主義に置いている。

実存主義の祖とされる、S・キルケゴール(1813年-1855年)は代表的な著書『死に至る病』で、「真理は人間が自分自身で行動を表すときのみに存在する」として、自分自身でいないことは、まさに「死に至る病」としている。
ゲシュタルト療法に最も重要なことは、ファシリテーターが、クライエントの真の主体性と向き合い、クライエントと共に「あなた自身が、あなた自身を生きる」ことを歩んでいくことをサポートしていくのである。なぜなら、それが「あなたの真実」だからである。

F・ニーチェ(1844年-1900年)の、かの有名な言葉に「神は死んだ」があるが、すでに作られた価値観である善悪、常識、など社会規範ではなく、自分自身を生きるのだと述べている。それは「他人の視線」に操作されず、本当の自由を勝ち取ることが重要とされる。

M・ブーバー(1878年-1965年)の哲学は「対話の哲学」と言われる。私たちは、日常生活で人や物事と第三者的な「それ」と関係を持つことが多いが、「我-それ」という関係ではなく、「我-汝」という立ち位置を持ってこそ、精神的存在としての奥深いところで触れ合うことが出来る。「我-汝」の関係性はゲシュタルト療法の柱の一つである。徹底的に自分と向き合い、ただ一つの存在としての魂と、クライエントという一つの魂の向き合う真に水平(平等)な関係を実践する。

J・サルトル(1905年-1980年)の「実存は本質に先立つ」と云う言葉は、それまでの(主に西洋文化の)思考を180度転換させたともいえる。たとえば「長男に産まれたから家を継ぐ」など、それまでのように人のあり方を先行させるのではなく、人間存在は自由であり、自分が自分の人生を選択することを説いている。

これらの影響を受け、ゲシュタルト療法の始祖F・パールズらは、「今ここ」の実存として人を見る。
後に、パールズ夫妻はクルトゴールドシュタインの研究所で出会うが、ローラは実存主義の他にも現象学も学んでいて、ここから彼らは現象学の影響を強く受ける。

現象学を開いたE・フッサール(1859年-1938年)は、そのものの「存在」と「現象」を分析研究する立場である。キーワードとなるのは「現象学的還元」と呼ばれ、それは<われわれは世界の中に共にいるのでこれに気づくことは難しい。この共犯的関係(共にいること)を拒否することで、外から眺め、常識や諸確信(自然的態度)を横に置いて向き合い>他者との間に立ち現れる「現象」をみていく態度をとる。そこに立ち現れている様々な事柄はそのモノ以外の何者でも無い。従ってその観点から、ファシリテーターは、「エポケー」(判断停止)つまりあらゆる先入観をよそにおいて、「地平化」(クライエントのどの言動すべてをも同じ比重としてみる)することをすすめていく。そこで、あるがままに見る練習の一つとして「3領域の気づき」などを行う。

他に、M・ハイデッガー(1889年-1976年)、M・メルロ=ポンティ(1908-1961年)からは、人間存在を「世界-内-存在」つまり、「われわれはこの世界に投げ込まれた存在とする」や、「あらゆる人間的活動の母体は現象的身体であって」「人間の身体は感覚の共同体<ゲシュタルト>である」ゲシュタルト療法が、身体性を重視するのは「身体はこころの表現として表れる」ので、言葉だけではなく身体の声を聞くなど、身体性を重視する。

以上、現象学・実存主義の一部を紹介したが、ゲシュタルト療法を行うものとしてさらなる研鑽を深めてほしいものである。

(山本 直)

コメントは受け付けていません。