HOME > ゲシュタルト療法を学ぶ > ゲシュタルト療法に興味をお持ちの方へ

ゲシュタルト療法に興味をお持ちの方へ

ゲシュタルト療法に興味をお持ちの方へ

1.ゲシュタルト療法って何ですか?

ゲシュタルト療法は、フレデリック・S・パールズ(Frederick S. Perls、 1893-1970)らによって考案された実践的な心理療法であり、実存哲学や現象学の人間観に基づいて、ありのままの自分に気づき、それを評価することなくそのまま受け止めることを重視したアプローチです。その際、ゲシュタルト療法では、意識に上っている内容だけでなく、身体の声に耳を傾けることで、自分の真の欲求、感情に気づくことを援助します。それによって、人間に本来備わっているホメオスターシス(自己調節機能)が働き、無理をせず、自分らしい生き方をすることができるようになるのです。

ゲシュタルト療法は、もともとは心理療法として考案され、臨床分野で用いられていましたが、現在では教育、組織(企業)など、様々な分野で応用されています。

⇒⇒⇒ ゲシュタルト療法とは

2.ゲシュタルト療法を受けるには、どうしたらいいのですか?

ゲシュタルト療法を受けるには、日本ゲシュタルト療法学会(以下、「JAGT」といいます)の登録団体が主催するゲシュタルト療法ベーシックコース・アドバンスコースやワークショップに参加することをお勧めします。ファシリテーターは、日本ゲシュタルト療法学会のスーパーバイザーやトレーナー等が務めています。

⇒⇒⇒ 各地の登録団体

⇒⇒⇒ ワークショップ情報

3.ゲシュタルト療法を学ぶには、どうしたらいいのですか?

ゲシュタルト療法は体験による気づきを重視しますので、ゲシュタルト療法を学ぶには、まずゲシュタルト療法をご自分が体験することをお勧めします。そのため、日本ゲシュタルト療法学会の登録団体が主催するゲシュタルト療法ベーシックコースやワークショップに参加し、まずはゲシュタルト療法を受けてみてください。アドバンスコースになると、ゲシュタルト療法を実践する練習も行います。そして、さらに実践する力を高めるためには、日本ゲシュタルト療法学会が独自に開催しているスキルアップ・プログラムに参加することも可能です。

⇒⇒⇒ JAGT人材育成制度

⇒⇒⇒ 各地の登録団体

⇒⇒⇒ JAGTゲシュタルト療法テキスト<新版>のご案内

⇒⇒⇒ 関連図書のご案内

4.日本ゲシュタルト療法学会(JAGT)ってどんな団体ですか?

日本ゲシュタルト療法学会(JAGT)は、日本におけるゲシュタルト療法の発展と普及を目指して、2010年に設立された学会です。年1回の大会、学会誌やニューズレターの発行、各種研修会やワークショップの開催などの活動を行っている他、ゲシュタルト療法を実際に受けたり、ゲシュタルト療法を学んだりすることができるベーシックコース・アドバンスコース、さらにゲシュタルト療法の実践のためのスキルアップ・プログラムなどを開催しています。現在、約450名の会員がおり、臨床分野、教育分野、組織(企業)分野などの実践家だけでなく、ゲシュタルト療法に興味を持ち、その活動に参加したいと希望する人は誰でも会員になることができます。

⇒⇒⇒ 本学会の案内

5.会員になるとどんな特典があるんですか?

日本ゲシュタルト療法学会(JAGT)の会員になると、学会誌やニューズレターを受け取れるだけでなく、年次大会や各種研修会などに割引価格で参加できます。また、学会作成の「JAGTゲシュタルト療法テキスト<新版>」が購入できたり、各地のワークショップ情報などを知ることができるなどの特典があります。
【会員特典】
・JAGT の 学会誌 (1回/年)、ニューズレター(2回/年)の購読
・年次大会、各種研修会の割引価格での参加
・JAGT ゲシュタル療法テキスト<新版>の 割引価格での購入
・DVD「夢のワークと3人のセラピスト」の有料頒布

⇒⇒⇒ JAGT入会のご案内